顎関節症を治療するには│重度の場合は手術が必要

痛みの少ない治療

歯型

歯医者では患者さんの負担を軽くするために、様々な治療法や医療器具を使用しています。田町に歯医者では削らない治療法を取り入れていますし、針のない注射器で麻酔薬を注入しているのです。

もっと見る

顎が痛む人は相談を

歯医者

顎関節症という病気は、口を開いた時に顎の関節が痛んだりカクカクと音がしたりすることをいいます。他にも大きく口を開けることができない、食事中に顎を動かすのが辛いと感じるなどの症状があるのです。他にも様々な症状があるので、いくつか当てはまる人はこの病気の治療を行なっている歯医者で相談しましょう。

顎関節症の治療は様々な方法があって、マウスピースを装着するスプリント療法と呼ばれる治療法があります。マウスピースを装着することによって、顎を動かしても筋肉や関節にかかる負担を減らせるのです。また、スプリント療法によってずれている関節を元の位置に戻すことが可能でしょう。他には普段の癖を分析して、顎に負担をかけないようにする生活習慣を送るようにします。硬いものばかりか、柔らかいもののどちらかだけを食べていると顎に負担をかけてしまうのです。他にも頬杖をついたり横を向いた状態で料理を食べたりするなども顎関節症を引き起こしてしまいます。

様々な治療法を行なっても、顎の関節が元に戻らない場合は手術を行なわないと元に戻せないでしょう。顎関節症の手術にはパンピングという方法があって、注射器を使用して関節腔内に生理食塩水を注入します。炎症物質によってこの病気を引き起こしている場合に行なう手術で、生理食塩水を注入して炎症を引き起こしている物質を洗浄するのです。1回だけ注入しても効果がないので、この手術は何度も食塩水位の注入と吸引を行ないます。他にも内視鏡を使用する関節鏡手術という方法や、メスで顎を切開する開放性関節手術などの方法があります。

白くするための治療

白い歯

審美歯科は歯をキレイにするだけでなく白くするための治療を行なう診療項目です。梅田にある歯医者では、セラミックを使用して虫歯治療を行なったり歯をキレイに見せたりできます。

もっと見る

健康な歯にするには

歯型

梅田には病気の予防をするための治療を行なっている歯科がありますから、定期的に検診を受けて予防することが重要です。口の洗浄を行なってキレイにした後は、薬剤を使用して再発を防ぎます。

もっと見る